戦後の日本タロット史年表(〜1975)

※以下、敬称略

昭和20年代
江戸川乱歩「魔術と探偵小説」(『新青年』誌昭和21年10月号)
 ジョン・ディクスン・カーの『剣の八』に言及、文中でタロットを「タロク」と表記。その後乱歩は評論「J・D・カー問答」(昭和25年)でも軽く言及。

※この頃既にタロットと出逢っていた先達たちの言

田中潤司「最初は、戦争前に海外に行った遠い親戚が、おみやげにタローカードをくれたんですよ(※)。今はみんなタロットと呼んでいますけど。これはどういうものかと調べ始めて、そのうちにだんだんミステリーの方に入っていったんですね。」(『田中潤司語る ー 昭和30年代本格ミステリ事情』)
(※正確には昭和18年だった、とのこと。)

山田美登利「私は日本における最初のタロット占法紹介者ということになっていますが、この私でさえ初めてタロットにお目にかかったのは昭和25年頃のことです。知人の恩師が戦争前にトルコから持ち帰られたものだったそうで、絵柄と神秘さにひかれ、ゆずり受けて研究をはじめました。」(『タロット占い』白泉社 1980)

辛島宜夫「生まれてはじめてタロット・カードなるものを手にしたのは、たしか二十年余り以前のことと記憶しておりますが(中略)このときのカードは、ウエイトのライダー版タロット・カードで根岸のお行の松の周辺にあった古道具屋で買い入れたものですが(後略)」(『タロット占いの秘密』二見書房 1974)

昭和33(1958)年
カー『剣の八』(ハヤカワポケットミステリー  早川書房 8月31日発行)
この頃のシリーズ選定者は都筑道夫。

昭和34(1959)年
ホイートリー『黒魔団』(世界恐怖小説全集6 平井呈一訳 東京創元社 5月発行)
表記は「タロト」

※この頃植田訓央(=占星家のスピカ植田/カリカリ博士)がC・C・ザインのエジプシャンタロットを入手。

昭和36(1961)年
クルト・セリグマン『魔法』

山田美登利 ライダー版の無彩色コピータロットと手引書『タロットカード占法典』(私家版 2月発行)

澁澤龍彦『黒魔術の手帖』(桃源社 10月5日発行)
江戸川乱歩が編集に携わっていた頃の『宝石』誌に連載(昭和35年8月〜36年10月)。

山口吉郎兵衛『うんすんかるた』(リーチ書店)
「外来カルタ」の章、ヨーロッパ・カルタについて。
「初期のものはトランプに見るような四組の数札(NUMERALS)の外に、皇帝、皇后、法王、女法王、日、月、其他各種の寓意画を含む二十二枚の絵札(ATUTTI,ATOUTS)が加わっている総数七十八枚の「タロッキ」又は「タロッツ」(TAROCCHI,TAROTTS)と称せられるものであったらしい。」

昭和40(1965)年
入沢康夫『季節についての試論』(H氏賞受賞作品)
「澁澤龍彦氏からもらったそうした書簡の中で、二つのものがまだ記憶にはっきり残っている。その一つは、私が送った詩集『季節についての試論』への返礼文の一節で、あの詩集の『お伽芝居——Tarotのカードによる詩論の試み』に関して、所蔵のTarot de Marseillesのことが、愛着をこめて語られている。一九六五年頃のことで、当時はいまとちがって、日本ではまだ、タロットのカードのことは、ほとんど一般には知られていなかった」(『澁澤龍彦事典』平凡社コロナ・ブックス 1996)

昭和42年(1967)年
アンドレ・ブルトン『秘法十七番』(宮川淳訳 晶文社 10月30日発行)
装丁にヴィルト版(1966年のTchou版)。訳者の宮川淳(1933-1977)は美術評論家で東大在学中には種村季弘らと同人誌「望楼」を発行。

昭和44年(1969)年
スタンリイ・エリン『カードの館』(ハヤカワポケットミステリー 深町真理子訳 早川書房 10月15日発行)
表記は「タロー・カード」。

昭和45(1970)年
澁澤龍彦『黒魔術の手帖』新版(桃源社 2月発行)

澁澤龍彦「シュルレアリスムと錬金術の伝統」(『美術手帳』誌十二月号)

昭和46(1971)年
澁澤龍彦「ジョセファン・ペラダンとスタニスラス・ド・ガイタ侯爵–世紀末の薔薇十字団運動」(『ユリイカ』誌六〜七月号)

酒井潔『悪魔学大全』(桃源社 10月発行)

ささやななえ『ユマ』(『りぼん』誌10月号別冊付録)

都筑道夫『腎臓プール』(『オール讀物』誌11月号)

昭和47(1972)年
都筑道夫『亭主がだんだんふえてゆく』(『推理』誌2)、『アドリブ殺人』(双葉社『推理』誌5月 特別号)、『赤い蛭』(双葉社『推理』誌7月 特別増大号)

ジョン・ファウルズ『魔術師』(小笠原豊樹訳 河出書房新社 3月15日発行)
表記は「タロ」。訳者(=詩人の岩田宏、1932-2014)は1955年に澁澤や出口裕弘らと同人誌『ジャンル』を発行。

ルドルフ・ベルヌーリ/種村季弘『錬金術 ー タロットと愚者の旅』(青土社 4月10日発行)

種村季弘『薔薇十字の魔法』(薔薇十字社 6月発行)

メンズ雑誌『NOW』(文化出版局・no16)に1JJタロットを使った占い記事。
「イザ・フンダサン」なる人物による。表記は「タロー・カード」。

『薔薇十字団のタロット』(スタジオTUM製作)が販売される。
製作・草刈順。ブックレットは岡田時彦著。監修は種村季弘。

荻窪・画廊人魚館(名曲喫茶ミニヨン内。瀧口修造、種村季弘、岡田時彦各氏が運営)にてタロット展開催。

澁澤龍彦『悪魔のいる文学史』(中央公論社 10月15日発行)
上記「シュルレアリスムと錬金術の伝統」「ジョセファン・ペラダンとスタニスラス・ド・ガイタ侯爵–世紀末の薔薇十字団運動」を収録。表記は「タロット」。

D・ホイトリイ『恐怖の黒魔団』(朝日ソノラマ:少年少女世界恐怖小説 間羊太郎訳 12月15日発行)
訳者はウラヌス星風と同一人物。

昭和48(1973)年
萩尾望都『メリーベルと銀のばら』(別冊少女コミック1〜3月号)
表記は「タロット・カード」

中井勲『タロット』(継書房)1.30初版発行

都筑道夫『ガラスの貞操帯』(「小説推理」誌3)

マイリンク『ゴーレム』(河出書房新社)4.20発行
表記は「タロック」

コリン・ウィルソン『オカルト』上下巻(新潮社 4月25日発行)
表記は「タロー」カルタ

寺山修司「悪魔骨牌」(『芸術生活』誌7月号)
表記は「タロット」。

吉田正俊「タローカードのすすめ」(月刊『言語』7・8月号)

木星王『念力入門』(日本文芸社)
表記は「タローカード」。

映画「007/死ぬのは奴らだ」
7月28日日本公開 興行収入第2位(1位は「ポセイドン・アドベンチャー」3位が「ゲッタウェイ」)

週刊プレイボーイ誌(10.30号)でタロットの特集記事。

岡田夏彦『骨牌の城』(歳月社『幻想と怪奇』誌11月号=4号)

濱口博章・山口恪太郎『日本のかるた』(保育社カラーブックス 12月10日発行)
表記は主に「タロツキ」

昭和49(1974)年
4月(?)セリグマン『魔法』新版(平凡社)

5/30〜6/4 神戸三宮でタロット展

W.E.バトラー『魔法入門』(角川文庫 大沼忠弘訳 6月10日発行)
表記は「タロット・カード」

6/13(発売は5/23) 『GORO』(小学館)創刊号で「タロットカード応用術」
監修は種村季弘。協力・愚者の会 ※中井勲版を図版に使用

岡田夏彦『運命の書』(コーベブックス 8月発行)

木星王『ジプシー占いタロット入門』(保育社カラーブックス 9月1日発行)

木星王『超念力入門』(日本文芸社 9月20日発行)
表記は「タロー・カード」。

10月 辛島宜夫『タロット占いの秘密』(二見書房)

つのだじろう『悪魔のカード』(『恐怖新聞』シリーズ 週刊少年チャンピオン26号<発売は6月初頭くらい?>〜)
表記は主に「タロットカード」。タアロ・タロッキ・タロックなどの呼び名も紹介。

魔夜峰夫『タロット』(デラックスマーガレット8巻3号-夏の号-8月)

昭和50(1975)年
木星王『TAROT』(大陸書房 1月発行)
表記は「タロット」

竹宮恵子『Qの字塔』(「花とゆめ」誌6号)
表記は「タロー・カード」

古賀新一『美少女黒井ミサ』(『エコエコアザラク』シリーズ第2話 週刊少年チャンピオン37号=9月8日号 秋田書店)
表記は「タロット・カード」。

都筑道夫『西洋骨牌探偵術』(桃源社 12月20日発行)
 上掲の探偵鍬形修二シリーズ「腎臓プール」「亭主がだんだん増えてゆく」「アドリブ殺人」「赤い蛭」「ガラスの貞操帯」を含む。表記は「タロウ・カード」。

※この頃オカルトが大ブーム。
つのだじろう『うしろの百太郎』『恐怖新聞』(昭和48年〜49年)
五島勉『ノストラダムスの大予言』(昭和48年11月発行)
超能力者ユリ・ゲラー来日(昭和49年2月)
超能力者関口少年が話題に(昭和49年3月に週刊誌が取り上げる)
中岡俊哉『恐怖の心霊写真集』『狐狗狸さんの秘密』
映画『エクソシスト』(昭和49年7月13日日本公開)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です